Rec 2日間を終えて

気が抜けちゃっています。ふぅ〜。
そして、どういう力の入り方をしていたのか
両脚が筋肉痛です…。笑

コンクールに応募するためのCDを作るため
昨日と一昨日はレコーディングをしました。
思った以上に緊張し、眠れなくなったり、
録る直前にはテンション下がりまくったり…。
録音を手伝いに来てくれたトモ氏が
励ますためにギャグをやっていても
まったく笑えないほどのテンションの低さで。

マイクをお箏の頭の方の下から1つ、
尻尾の方の下から1つ、
手元の高い位置から1つ、合計3つ設置してもらい、
臨場感のある音が録れました。

録り方を教えてもらってからは、
トモ氏には別の場所で待っててもらい、
録り切ってから、トモ氏を呼んで、
3つのマイクのバランスをとったり、
パソコンでの編集をしてもらって、曲が完成します。

1度録って、完成させてもらっても、
どうしても気になるところがある、と
もう一回初めから録り直しさせてもらったり、
自由曲の録音だけで5時間くらいかけました。
80回以上録り直したらしいです。
課題曲は短いのでもうちょっと早く終えましたが、
こちらも気にし出すと止まらない…ので、
時間かけて録りました。

なんでそこまで時間かけて録り直したかというと、
もう本当に自信なくなっていて、
予選通過25人に選ばれないだろう、と思い、
「選ばれなかった場合」を考えて…。
その時「あの録音で1ヶ所気になるところがあった。
もう1時間かけてでも、あの部分を修正できていれば、
もしかしたら予選通過できたのかもしれない。」
みたいなもやもやした気持ちになりたくない、と。
「現在の自分の精一杯です。今日あと何時間かけてもこれ以上にはなれません!」という状態で提出していれば、
予選通過できなかった時に「これが今の自分の実力だから仕方ない。今後また頑張ろう!」って、
落ちても清々しい気分でいられるはずだと思って。

そんなわけで、集中して録音に挑み、
トモ氏に臨場感のあるお箏らしい音で完成させてもらい、
今日は抜け殻なってます。笑
もうポストに投函しちゃったから、いいんだ。もう。

予選の結果発表まで1ヶ月。長いよね、1ヶ月って。
もしかしたら本選いけるかも、って期待を捨てずに練習は続けなきゃいけないんだけど、
そんなふうに練習してる日々の中には、
こんなにやってても予選落ちかもしれないんだって
悲しい気持ちになる日は絶対あって、
「この1ヶ月のうちに心を病む時期が来るだろう」と予想しています。
なんかやさぐれてるように見えたら、
原因は間違いなく上記の件なので、
そのうち落ち着くので安心して放置しといてください。笑

暑い中、重い機材を持って、遥々来てくれて、
長時間の録音をサポートしてくれた
トモ氏に、心から感謝です。ありがとう⭐️

おつかれさま、の花火♪

投稿者: 紫月綾子

箏奏者です☆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。